建築工程 基礎工事②

人工地盤の上に通常の基礎を作成します。

空気が入って浮き上がるときは30㎜程、人工地盤から離れるので基礎底盤はφ13縦横@200㎜の配筋で

260㎜の厚さにコンクリートを打設します。立上りの基礎も150㎜幅としっかりとしたものになります。

基礎の配筋は建物が完成すると見えなくなりますが、丁寧に施工したいポイントです。

 

読書の秋

読書をするのに適している季節と言うことでしょうか。

自分は年中読書をしますが、確かに夏は暑さで頭がボーっとし、

冬は暖房の温かさで眠気が襲ってきます。(個人的な意見ですがw)

そんな自分の理想は、床に本を置かない事。

何を当たり前のことをと思われる方もいるかもしれませんが、

気に入った本は何度でも読みたくなり、本屋にいけば本を探し求めて購入。

その結果自宅の本棚と呼ぶには些末な棚から溢れてしまうのです。

本棚も買い足していくと金額もかかりますし、場所もとるかと思います。

そんな時は壁付けの本棚のリフォームを検討してはいかがでしょうか?

さらに本を集めて、好きな空間で自分時間を過ごしてみませんか。

ページトップへ戻る